2014年10月02日

移植医療の目覚ましい進歩

医学の進歩の象徴が移植医療ですね。
臓器移植は本来の免疫力との戦いといえるかもしれません。
免疫力は、体の中に異物が入ってきたときに拒絶する機能ですが、当然他人の臓器を移植されるとこの力が作動します。
それを抑えるために、臓器移植の時には免疫抑制剤が必須となるわけですね。

移植医療は臓器の提供がなければ出来ません。
大きく分けて生体移植と脳死移植がありますが、本人の意思確認も重要な問題です。
2010年7月に臓器の移植に関する法律の一部が改正され、本人の臓器提供の意思が不明な場合でも、家族の承諾があれば臓器提供できるようになりました。
これにより、15歳未満の方からの脳死下での臓器提供も可能になりました。

では臓器別の状況はどうなのでしょうか。

腎臓移植
腎不全治療のための透析治療は年々進歩していますが、5年生存率は60%程度です。
それに比べ移植医療は、新しい免疫抑制剤の開発により大幅に向上し、生体腎移植で93%程度になっています。
20世紀の最後の10年間と比べても10%アップしています。

肝臓移植
日本ではほとんどが生体部分肝移植がほとんどです。
これは、近親者の肝臓を一部切除し、移植するという方法です。
肝臓移植では、5年生存率は80%程度です。
この数字は世界的に見ても高いと言えます。

また移植医療の場合は医療費の負担が患者や家族の大きな問題となります。
手術そのものに対しては、2004年1月からほとんどの生体部分肝臓移植について健康保険が適用される様になり医療費負担は大幅に軽減されました。
しかし臓器移植は、手術後に免疫抑制剤を飲み続けなければなりませんし、定期的な検診が一生必要になります。
この医療費の負担が大変でしたが、2010年4月から肝臓移植者は障害者として認定されるようになって個人の医療費負担は軽減されました。

心臓移植
1968年に札幌医科大学で日本で初めての心臓移植が行われました。
しかし色々な問題があり、結果として心臓移植手術への不信があり、心臓移植はそのご行われていませんでした。
1997年に臓器移植法が施行されて、1999年に2番目の心臓移植手術が行われまし た。
2006年4月から心臓移植に健康保険が適用されるようになりました。
しかし、国内では臓器の提供が少なく、海外での手術を希望する人が多くなっています。

腎臓病に対しては、人工心臓が開発されています。
人工心臓には体外型と埋め込 み型があります。
2004年度から健康保険が適用されるようになりましたが、人工心臓そのものが古くなっていて、新しい人工心臓の認可と保険適用が急務となっています。
posted by ミム at 11:50| Comment(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

医学の進歩と制度の変化

医学はどんどん進歩しています。
また、人を取り巻く環境が変わってきて、病気の割合や状況も変化が起きています。

世の中はストレスが増えてきて有害な物質が身体の中に入ってきます。
そのために増えている病気がありますが、医学の進歩で減っている病気もあります。

例えば肝機能障害ですが、新聞だかネットで次のようなニュースがありました。
「重い肝機能障害を対象とした身体障害者手帳の取得条件の緩和を検討する。」というものです。
なぜなら、条件が厳しすぎてなかなか身体障害者手帳を発行してもらえないと言う状態になっていると、患者の団体が訴えているからです。
政府での調査によると、想定数の1〜2割程度しか認めていないということです。
これはやはり基準が厳しすぎるよう言うことなんでしょうね。

肝硬変の患者は全国で約30万人いるそうです。
この制度が始まった2010年の試算では、患者のうちの約1割として、3万人程度を「重い肝機能障害」と想定したようです。
ところが条件を満たして手帳の配布を受けている人は1万人未満だそうです。

なぜなら交付基準が厳しいので、腹水で歩けない状態でも交付されない人がいるそうです。
また肝がんを併発する患者も多いのですが、抗がん剤治療で肝機能の数値が一時的に改善したため、基準から外れるケースがあるとのことです。

つまり、医学の状況が進歩してきて、こういう数値による基準も見直しが必要になっていると言うことではないでしょうか。

障害者手帳があれば、医療費の援助や交通費の支給もあります。

現在のままでは、最重症と判断された人は近いうちに死亡すると宣言された状態になりかねません。
医療費や生活費の補助を受けて病気と戦っていくと言う主旨が変な形になってきています。

厚生労働省も見直しを検討していると言うことなので、こういうことは速やかに行って欲しいものですね。

これは一例です。
病気に関するいろいろな基準は何十年も前のものが結構ありそうです。
医学の進歩にあわせて制度の進歩もお願いしたいものです。
posted by ミム at 15:21| 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

手術の進歩

最近の医学に進歩には目覚しいものがありますね。
自分自身の体験で恐縮ですが、過去に胃潰瘍で入院したときのことです。
ちょっと古い話になります。
30年位前に初めて胃潰瘍で入院したときのことです。
胃カメラで状態を確認してから入院しました。
入院中は点滴と経口で薬を投与されて、2週間くらいで退院しました。
それから10年後に再度入院する事になってしまいました。
同じような症状でしたが、そのときは胃カメラの先から胃壁に直接薬を吹き付けました。
その違いにびっくりしたことを覚えています。
さらにそれから5年ほどたってから3度目の入院をしました。
そのときは、胃カメラの先にクリップをつけて、胃壁の出血している箇所をクリップで留めました。
当然出血はすぐ止まり、退院まで1週間くらいだったと思います。

この様な比較的簡単なものでも信じられないような医学の進歩を感じました。
posted by ミム at 01:13| 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。